ら・えすこーばスペイン料理教室2019年6月のレッスンのご案内 6月8日㈯、23日㈰テーブルオリーブとスパイス

スペインの食卓に欠かせないオリーブの実。
市場に行くと、色々なオリーブの種類の漬物が売られていて、
ついつい、買い過ぎてしまいます。
スペインではテーブルオリーブ用の実の収穫は10月後半から。
オイル用のオリーブよりも早く収穫され、テーブルオリーブ用として加工されます。

ワインのお供に気軽につまめるオリーブの実は、そのまま食べるだけでなく、
サラダやオムレツのトッピング、煮込み料理などにも使えます。
最近では、日本でも西京味噌や出汁などに漬け込んだオリーブが京都の市場などでも見かけますね。

6月は、テーブルオリーブをテーマにお料理をしたいと思います。
テーブルオリーブにスパイスを合わせ、前菜からメイン料理までを作ります。
オリーブの実をそのまま食べるのに飽きたら、スパイシーなオリーブ料理に変身させましょう!

オリーブ2

●メニュー
オリーブの和え物

オリーブとマッシュルームのオムレツ
オリーブと野菜の入ったライスサラダ

若鶏とオリーブの煮込み
 自家製の塩レモンを使って煮込みます

●受講日
6月8日㈯ 12:00~15:30
6月23日㈰ 12:00~15:30
受講料5800円(レシピ、試食:小さな前菜、作った料理3品、食後のソフトドリンク)

受講料は、まとめてお申込みいただけますと、お安くなるシステムあり。
2か月以上まとめてお申込みいただきますと、各回500円引きとなります。

オリーブ1

講師:山田 直美  料理研究家/調理師/雑穀アドバイザー/
日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ&オリーブオイルアドバイザー
バスク友好会会員
食品会社の企画職を経て渡西。スペイン各地でスペインの家庭料理を学ぶ。
スペイン国立ホテル経営学校料 料理コースにて西洋料理の理論と技術、
スペインバスク地方、サンセバスチャンにある「ルイス・イリサール料理学校」にて、
バスク料理の父であるルイス・イリサール校長にバスク料理を学ぶ。
帰国後は料理教室を主宰するほか、
企業のメニュー・商品開発並びに食品MDのアドバイザーを行っている。