バスクに恋して💓Vol.2 知られざるバスクの地ワイン チャコリの世界「「チャコリセミナー&DO3つのチャコリとピンチョスを楽しむ会」7月28日㈰15:00~17:30

「チャコリって何?」ここ数年、美食の地としてマスコミに取り上げられているバスク地方、そこで作られているワインがチャコリ(Txakoli)です。バスクのピンチョスや三星レストランに対する知識はあっても、チャコリについて知らない人は多いはず。チャコリは「農家のワイン」と呼ばれていて、もともとは家族で飲むために作られていたもの。ゲタリア、ビスカヤ、アラバの3つのDOを有し、ブドウの品種もオンダラビ・スリ、オンダラビ・ベルツァなどバスク独自のものがあります。
このたび、チャコリへの思いが高じて、アラバのチャコリ農家で研修を積んできた若きソムリエ、高橋綾乃さんをお招きし、「バスクに恋して第2弾 知られざるバスクの地ワイン、チャコリの世界「チャコリセミナー&チャコリ3種と料理を楽しむ会」を開催することとなりました。綾乃さんとは、サン・セバスチャン在住のコーディネータであり、私が実施しているバスク食文化ツアーのパートナー、大山由美さんからのご紹介で知り合いになりました。綾乃さんのチャコリへの思いは人一倍とのお墨付きです。

綾乃さんは、レストランでの経験を積んだ後、ワインショップでワインの販売に従事。その時に出会ったのがチャコリです。バスク人気は少しづつ高まっていたものの、お客様のチャコリへの認識はまだまだ薄かったため、ビルバオから料理人を呼んでイベントを開催したり、チャコリフェアなどを行うなどして、地道にチャコリの普及活動を行ってきました。そして、チャコリへの思いが高じて、昨年6月から現地に住み着き、生産者のもとでチャコリの管理や製造に携わり、今年の3月に帰国した次第です。

今回は、チャコリセミナーを行ったあと、ゲタリア、ビスカヤ、アラバの3つのDOのチャコリをご用意しますので。それらを飲みながら料理を楽しんでいただくカジュアルな会にしたいと思っています。今話題の美食の地「スペイン・バスク州」の地ワイン「チャコリ」を知っていただく良い機会。ぜひ皆さまのご参加、お待ちしています。

 

  • 開催日 7月28日㈰15:00~17:30
  • 会費  5000円(税込)  DOアラバ、ビスカヤ、ゲタリアのチャコリ3種&料理含む
  • 定員  12名
  • 場所 品川区大崎
  • 内容 チャコリセミナー

その後、チャコリ3種を飲み比べていただくとともに料理を楽しんでいただきます。

  • お申込み方法 次のところにお申し込みのメールをお願います。
    山田nao-escoba@k3.dion.ne.jp ●キャンセルポリシー他について キャンセル料は1週間前から全額発生します。キャンセルはできるだけご容赦願います。 なお、営業目的やお客様を勧誘する目的でのご参加はご遠慮願います。

 

【プロフィール】

高橋綾乃 日本ソムリエ協会ソムリエ 20代前半より都内のレストランにて勤務、2012年には横浜の酒販店へ転職。2017年に出会ったスペイン、バスク地方の地ワイン「チャコリ」に深く惚れ込み、2018年6月バスク地方へ渡り、アラバ県オコンド村のワイナリーにて、チャコリのワイナリーとしては初めての日本人として現地スタッフとともに畑の管理、チャコリの製造に携わる。2019年3月の帰国後は、色々なイベントに参加し、バスクの素晴らしさやチャコリの美味しさを伝えるべく活動を行っている。

大山由美 バスク在住のコーディネーター/バスク友好会会員日本でバスク人と結婚し、2006年に夫の故郷であるサン・セバスチャンに移り住む。現地の旅のコーディネートやガイド、企業の視察等の通訳を務める。NHK旅するスペイン語他テレビ番組や雑誌のコーディネータとして活躍している。

山田直美 料理担当/スペイン料理教室主宰/日本オリーブオイル協会オリーブオイルソムリエ/バスク友好会会員 HP http://escoba.okamotodo.com/
1990年に初めてバスクを訪れて以来、4年間スペインに滞在。その間一定期間をサン・セバスチャンに住み、バスクの家庭料理を学ぶ。Escuela cocina Luis Irizarでは、初めての日本人生徒として、バスク料理の父であるルイス校長からバスク料理を学ぶ。1997年の帰国後は、「La escobaスペイン料理教室」を主宰。スペイン料理やバスク料理の指導、バスクへの食文化ツアーを企画するなど独自の視点でスペインやバスクの食を紹介している。